FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

ゴスペルハウスメッセージ 2018.09.22
「」ヨハネの黙示録 3:20

見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。
だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。

食事というのは、「同じ釜の飯を食べる」といった言葉があるように、非常に親密さを増すものです。
聖書の中にも、たくさんの食事の場面が出てきます。
有名な最後の晩餐、5000人の食事の奇蹟、復活したイエスさまが弟子のための魚とパンを準備されたこと、ザアカイの家やマタイの家での宴会、などなど数えていったらメッセージの時間がなくなってしまいます。
ちなみに、私がはじめて教会に行くことになったきっかけも、食事会につられてでした。
私の人生にとっては、この食事は最大の奇蹟のときでもありました。
 
本日の聖書箇所も、食事の箇所です。
ここでわたしと書いてあるのは、イエスさまのことです。
よく絵画にも描かれていて、共通するのはそのドアにはノブがないということです。
イエスさまは、戸の外に立ったまま、入ることができないのです。
そして、紳士的なイエスさまは、ドアを蹴破って入ってくることもないのです。
この箇所は、よく、「イエスさまをお迎えすること」の大切さを示すのに使われる箇所です。
 
しかし、本日はちょっと違ったところに焦点を当ててみたいと思います。
それは、「イエスさまが私たちの心の戸の前まで来てくださった」という事です。
普通、幸せは私たちが探し当てるものです。
先週のメッセージの「山登り」も同じことですね。
探して、求めて、努力して、手に入れるものです。
しかし、ここではそうではないのです。
 
イエスさまが私たちのところへ来てくださったのです。
イエスさまは、私たちを永遠のいのち、本当の愛、真実の道に導くために来ました。
神様の永遠の愛に愛され、神様の永遠に喜びに喜ばれるために来たのです。
こんな、罪深い私たち一人ひとりの戸の前まで来てくださったのです。
 
私たちが幸せを探すのではなく、幸せが私たちを探して、やって来たのです。
私たちが天国を探すのではなく、天国が私たちを探して、やって来たのです。
これがキリスト教の原則です。
こんな大きな奇蹟は、もはやコペルニクス的転換以上のもの、はるかに以上のものです。
そして、私たちがこの奇蹟・この原則を受け入れるなら、イエスさまは私たちとともに、食事をするのです。
ゆっくりと、イエスさまとともに、楽しい時を過ごすことができるのです。
そう、奇蹟が成就するのです。
 
さあ、私たちはイエスさまとともに、楽しい食事をしようではありませんか。
天国は、あなたの人生の、あなたの日常の、真っ只中、目の前まで来ているのですから。
関連記事

この記事へコメントする















坂本 秀雄 (伝道師)

Author:坂本 秀雄 (伝道師)

ゴスペルハウスは、超教派のキリスト教伝道所です。
神様の愛で建てられ、神様の愛を伝えています。

2008年にブラジル・サンパウロから帰国した家族が、山形県の川西町に移住して楽しくゴスペルハウスな生活をしています。
そして今度は隣町の高畠へ引っ越しました。
どなたでもお気軽にお越しください。

ゴスペルハウスには、あなたのための席が用意されています。

お気軽にお越しください。
山形県東置賜郡高畠町
安久津1070

電車でお越しの方は、高畠駅までお迎えします。

賛美・御言葉・聖餐を中心とした、明るい雰囲気の礼拝です。
はっきり言って、楽しいです。

同時間帯で、「子ども礼拝」も行なっています。
大人も子どもも、クリスチャンもそうでない方も、ぜひご一緒に集いましょう。

集会の後には、ご一緒に夕食を頂きます。
伝道師みずから、腕をふるって料理します。
おいしいですよ。(もちろん無料)