FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

ゴスペルハウスメッセージ 2018.12.30
「見るもの、聞くもの」マタイ 2:1-12

1 イエスがヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東の方から博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。
2 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。私たちはその方の星が昇るのを見たので、礼拝するために来ました。」
3 これを聞いてヘロデ王は動揺した。エルサレム中の人々も王と同じであった。
4 王は民の祭司長たち、律法学者たちをみな集め、キリストはどこで生まれるのかと問いただした。
5 彼らは王に言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者によってこう書かれています。
6 『ユダの地、ベツレヘムよ、あなたはユダを治める者たちの中で決して一番小さくはない。あなたから治める者が出て、わたしの民イスラエルを牧するからである。』」
7 そこでヘロデは博士たちをひそかに呼んで、彼らから、星が現れた時期について詳しく聞いた。
8 そして、「行って幼子について詳しく調べ、見つけたら知らせてもらいたい。私も行って拝むから」と言って、彼らをベツレヘムに送り出した。
9 博士たちは、王の言ったことを聞いて出て行った。すると見よ。かつて昇るのを見たあの星が、彼らの先に立って進み、ついに幼子のいるところまで来て、その上にとどまった。
10 その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。
11 それから家に入り、母マリアとともにいる幼子を見、ひれ伏して礼拝した。そして宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。
12 彼らは夢で、ヘロデのところへ戻らないようにと警告されたので、別の道から自分の国に帰って行った。

私たちには、五感という感覚が与えられています。
視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚というものですね。
今回のテーマの「見るもの、聞くもの」というのも、その五感のうちにあります。
私たち人間は、離れているものを認識するのには嗅覚がおそまつなので、見るもの、聞くものとしたのです。

「見るもの、聞くもの」とは、何に関心を寄せているのか、何を判断材料にしているのかということです。
ヘロデ王、エルサレム中の人々、博士たちと、三者の「見るもの、聞くもの」をみていきましょう。

ヘロデ王は、自分の感情や自分勝手な正義(王位の安泰)を、判断材料にしていました。
そのためには、彼は何でもしました。
嘘をつき騙すことも、破壊も殺人もです。
事実、彼は自分の王位を守るために、自分の家族すら殺しているのです。

エルサレム中の人々は、ヘロデ王の機嫌や気持ちや言葉に、関心を寄せていました。
なぜなら、そうすることが自分の身を守ることでもあり、利益を得るためにも必須だったからです。
忖度し、追従し、保身と利益確保に腐心していました。

自分勝手な王と、忖度する周辺の者たち。
二千年前の外国のこととは思えませんね。

そして、博士たちです。
イエスさまに出会うまで、彼らは、知識や学識、また真心ある常識を、判断材料にし、大切にしていました。
だからこそ、星の出現からユダヤの王が誕生したことを知り、ふさわしい贈り物を携え、正しい道・正しい手続きを進み、ベツレヘムまで到着したのです。
まったく、正しい生き方をしてきたと言っていいでしょう。

しかし、彼らはイエスさまに出会いました。
そして、神様からの警告の言葉を受けました。
博士たちは、神様のわざと神様の言葉に出会ったのです。
そのとき、彼らの生き方が変わりました。

彼らは、神様の言葉通り、別の道を通って帰っていきました。
彼らが来た道は、まったく正しいルートだったにもかかわらずです。
彼らは、正しさよりもさらに勝る生き方を、手に入れたのです。

クリスマス、それは、神様のひとり子・イエスさまが地上に誕生したことをお祝いするときです。
しかも、地上の王として降誕したのではなく、すべての人の罪を背負うために来たのです。
身代わりになって、十字架上で死ぬために生まれてきたのです。
これは、最大の神様のわざです。
これ以上の奇蹟はありません、これ以上の愛はありません。

いま、博士たちのように、あなたも生き方を変えていいのです。
多くのクリスチャンがそうであるように、あなたはきっと今まで、正しい(と思われる)生き方をしてきたことでしょう。
しかし、神様によって、正しさをこえる生き方が示されたのです。
示されただけでなく、あなたに与えられているのです。

あなたの生き方を、正しさをこえたものに、今日、しませんか。
あなたのための救い主が、あなたにそれをプレゼントするのです。

おはようございます。
いよいよ、2018年も今日でおしまいです。
毎日の積み重ねで365日、どんな一年でしたか?
神様に、感謝ですね(^^)
明日から始まる一年にも、神様の祝福がいっぱいいっぱいありますように!

テモテへの手紙 第一 第6章

1 奴隷としてくびきの下にある人はみな、自分の主人をあらゆる面で尊敬に値する人と思わなければなりません。神の御名と教えが悪く言われないようにするためです。
2 信者である主人を持つ人は、主人が兄弟だからといって軽んじることなく、むしろ、ますますよく仕えなさい。その良い行いから益を受けるのは信者であり、愛されている人なのですから。あなたはこれらのことを教え、また勧めなさい。
3 違ったことを教え、私たちの主イエス・キリストの健全なことばと、敬虔にかなう教えに同意しない者がいるなら、
4 その人は高慢になっていて、何一つ理解しておらず、議論やことばの争いをする病気にかかっているのです。そこから、ねたみ、争い、ののしり、邪推、絶え間ない言い争いが生じます。
5 これらは、知性が腐って真理を失い、敬虔を利得の手段と考える者たちの間に生じるのです。
6 しかし、満ち足りる心を伴う敬虔こそが、大きな利益を得る道です。
7 私たちは、何もこの世に持って来なかったし、また、何かを持って出ることもできません。
8 衣食があれば、それで満足すべきです。
9 金持ちになりたがる人たちは、誘惑と罠と、また人を滅びと破滅に沈める、愚かで有害な多くの欲望に陥ります。
10 金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。ある人たちは金銭を追い求めたために、信仰から迷い出て、多くの苦痛で自分を刺し貫きました。
11 しかし、神の人よ。あなたはこれらのことを避け、義と敬虔と信仰、愛と忍耐と柔和を追い求めなさい。
12 信仰の戦いを立派に戦い、永遠のいのちを獲得しなさい。あなたはこのために召され、多くの証人たちの前ですばらしい告白をしました。
13 私は、すべてのものにいのちを与えてくださる神の御前で、また、ポンティオ・ピラトに対してすばらしい告白をもって証しをされたキリスト・イエスの御前で、あなたに命じます。
14 私たちの主イエス・キリストの現れの時まで、あなたは汚れなく、非難されるところなく、命令を守りなさい。
15 キリストの現れを、定められた時にもたらしてくださる、祝福に満ちた唯一の主権者、王の王、主の主、
16 死ぬことがない唯一の方、近づくこともできない光の中に住まわれ、人間がだれ一人見たことがなく、見ることもできない方。この方に誉れと永遠の支配がありますように。アーメン。
17 今の世で富んでいる人たちに命じなさい。高慢にならず、頼りにならない富にではなく、むしろ、私たちにすべての物を豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置き、
18 善を行い、立派な行いに富み、惜しみなく施し、喜んで分け与え、
19 来たるべき世において立派な土台となるものを自分自身のために蓄え、まことのいのちを得るように命じなさい。
20 テモテよ、委ねられたものを守りなさい。そして、俗悪な無駄話や、間違って「知識」と呼ばれている反対論を避けなさい。
21 ある者たちはこの「知識」を持っていると主張して、信仰から外れてしまっています。恵みがあなたがたとともにありますように。

omutugari3.jpg

「少々おむづかりのご様子」

竹中 直人(著)


竹中直人さんの初エッセイ集です。

どれほど竹中直人さんが映画好きなのかが、はっきりと分かります。

ステキな人達との出会いや思い出、映画に対する愛。

少しおふざけしているかのような文体に、これでもか!って、書かれています。


もう、読むしかないでしょう!!!


#今日読んだ本

#2018年読んだ本ベスト3


2019年1月のゴスペルハウス聖書通読表ができました。


201901.jpg 


1月の聖書箇所は、

テモテへの第2の手紙1-4、

テトスへの手紙1-3、

ピレモンへの手紙、

ヘブル人への手紙1-13、

ヤコブの手紙1-2

です。


2019年も、神様の言葉とともに!


#ゴスペルハウス聖書通読



blackbook.jpg 

「BLACK BOOK 蔵人独白」

真木蔵人(著)


表紙のイメージで判断すると、本質をとらえることのできない本です。

全編、珠玉の言葉が並んでいます。

今の社会に、今の生き方に、今の常識や流行に、素朴で鋭い言葉が切れ込んできます。

10年前の本なのに、今も新しい、いえ、今こそふさわしいと言っていい本。

素晴らしいです!!


#今日読んだ本

#2018年読んだ本ベスト3


坂本 秀雄 (伝道師)

Author:坂本 秀雄 (伝道師)

ゴスペルハウスは、超教派のキリスト教伝道所です。
神様の愛で建てられ、神様の愛を伝えています。

2008年にブラジル・サンパウロから帰国した家族が、山形県の川西町に移住して楽しくゴスペルハウスな生活をしています。
そして今度は隣町の高畠へ引っ越しました。
どなたでもお気軽にお越しください。

ゴスペルハウスには、あなたのための席が用意されています。

お気軽にお越しください。
山形県東置賜郡高畠町
安久津1070

電車でお越しの方は、高畠駅までお迎えします。

賛美・御言葉・聖餐を中心とした、明るい雰囲気の礼拝です。
はっきり言って、楽しいです。

同時間帯で、「子ども礼拝」も行なっています。
大人も子どもも、クリスチャンもそうでない方も、ぜひご一緒に集いましょう。

集会の後には、ご一緒に夕食を頂きます。
伝道師みずから、腕をふるって料理します。
おいしいですよ。(もちろん無料)