FC2ブログ
2018 / 09
≪ 2018 / 08 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2018 / 10 ≫

ゴスペルハウスメッセージ 2018.09.22
「」ヨハネの黙示録 3:20

見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。
だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。

食事というのは、「同じ釜の飯を食べる」といった言葉があるように、非常に親密さを増すものです。
聖書の中にも、たくさんの食事の場面が出てきます。
有名な最後の晩餐、5000人の食事の奇蹟、復活したイエスさまが弟子のための魚とパンを準備されたこと、ザアカイの家やマタイの家での宴会、などなど数えていったらメッセージの時間がなくなってしまいます。
ちなみに、私がはじめて教会に行くことになったきっかけも、食事会につられてでした。
私の人生にとっては、この食事は最大の奇蹟のときでもありました。
 
本日の聖書箇所も、食事の箇所です。
ここでわたしと書いてあるのは、イエスさまのことです。
よく絵画にも描かれていて、共通するのはそのドアにはノブがないということです。
イエスさまは、戸の外に立ったまま、入ることができないのです。
そして、紳士的なイエスさまは、ドアを蹴破って入ってくることもないのです。
この箇所は、よく、「イエスさまをお迎えすること」の大切さを示すのに使われる箇所です。
 
しかし、本日はちょっと違ったところに焦点を当ててみたいと思います。
それは、「イエスさまが私たちの心の戸の前まで来てくださった」という事です。
普通、幸せは私たちが探し当てるものです。
先週のメッセージの「山登り」も同じことですね。
探して、求めて、努力して、手に入れるものです。
しかし、ここではそうではないのです。
 
イエスさまが私たちのところへ来てくださったのです。
イエスさまは、私たちを永遠のいのち、本当の愛、真実の道に導くために来ました。
神様の永遠の愛に愛され、神様の永遠に喜びに喜ばれるために来たのです。
こんな、罪深い私たち一人ひとりの戸の前まで来てくださったのです。
 
私たちが幸せを探すのではなく、幸せが私たちを探して、やって来たのです。
私たちが天国を探すのではなく、天国が私たちを探して、やって来たのです。
これがキリスト教の原則です。
こんな大きな奇蹟は、もはやコペルニクス的転換以上のもの、はるかに以上のものです。
そして、私たちがこの奇蹟・この原則を受け入れるなら、イエスさまは私たちとともに、食事をするのです。
ゆっくりと、イエスさまとともに、楽しい時を過ごすことができるのです。
そう、奇蹟が成就するのです。
 
さあ、私たちはイエスさまとともに、楽しい食事をしようではありませんか。
天国は、あなたの人生の、あなたの日常の、真っ只中、目の前まで来ているのですから。

福島リバイバル「祈りの家」が9月10日にオープンして、バタバタしているうちに、もう9月も終わりです。
やることがてんこ盛りで、祝福いっぱいです。
今月から、月1回のペースで、ゴスペルハウス&祈りの家の合同礼拝もスタートです。
祈りの家にご興味ある方、ない方、ぜひお越しください。

あっ、そういえば、釣りに行っていないなぁ・・・
 
ということで、10月の礼拝予定です
 
++++ 10月の礼拝予定 +++++++++++++++
10月06日(土)午後4時~
10月14日(日)午前10時~ 日曜礼拝
10月20日(土)午後4時~
10月28日(日)午前10時30分~ ゴスペルハウス&祈りの家 合同礼拝(場所:祈りの家)
 
いよいよ今週、おのぼりさんします。
台風でも行きます。
10月1日(月)ホームカミングミニストリー礼拝 14:00-
10月2日(火)TPCお昼の礼拝 12:15-
10月3日(水)となりびと 19:00-
どれも場所は、東京プレヤーセンター(お茶の水クリスチャンセンター404号室)です。

ちなみに祈りの家礼拝は、毎週日曜日午前10時30分から行われています。
どなたでもご自由に参加できます。

玄関から「ごめんください」と、声が聞こえました。

HEBI.jpg 

行ってみると、そこにヘビがいました。

むかしばなしではなく、今日のわが家のできごと。

#なにか話しができそうな現実

おはようございます。
来週の月曜日から3日間(か4日間)、おのぼりさんします。
今回は、長男ハレルとふたり旅。
ということで、予約配信になります。
無事配信されますように。

ローマ人への手紙 第13章

1 人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられているからです。
2 したがって、権威に反抗する者は、神の定めに逆らうのです。逆らう者は自分の身にさばきを招きます。
3 支配者を恐ろしいと思うのは、良い行いをするときではなく、悪を行うときです。権威を恐ろしいと思いたくなければ、善を行いなさい。そうすれば、権威から称賛されます。
4 彼はあなたに益を与えるための、神のしもべなのです。しかし、もしあなたが悪を行うなら、恐れなければなりません。彼は無意味に剣を帯びてはいないからです。彼は神のしもべであって、悪を行う人には怒りをもって報います。
5 ですから、怒りが恐ろしいからだけでなく、良心のためにも従うべきです。
6 同じ理由で、あなたがたは税金も納めるのです。彼らは神の公僕であり、その務めに専念しているのです。
7 すべての人に対して義務を果たしなさい。税金を納めるべき人には税金を納め、関税を納めるべき人には関税を納め、恐れるべき人を恐れ、敬うべき人を敬いなさい。
8 だれに対しても、何の借りもあってはいけません。ただし、互いに愛し合うことは別です。他の人を愛する者は、律法の要求を満たしているのです。
9 「姦淫してはならない。殺してはならない。盗んではならない。隣人のものを欲してはならない」という戒め、またほかのどんな戒めであっても、それらは、「あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい」ということばに要約されるからです。
10 愛は隣人に対して悪を行いません。それゆえ、愛は律法の要求を満たすものです。
11 さらにあなたがたは、今がどのような時であるか知っています。あなたがたが眠りからさめるべき時刻が、もう来ているのです。私たちが信じたときよりも、今は救いがもっと私たちに近づいているのですから。
12 夜は深まり、昼は近づいて来ました。ですから私たちは、闇のわざを脱ぎ捨て、光の武具を身に着けようではありませんか。
13 遊興や泥酔、淫乱や好色、争いやねたみの生活ではなく、昼らしい、品位のある生き方をしようではありませんか。
14 主イエス・キリストを着なさい。欲望を満たそうと、肉に心を用いてはいけません。

kanga.jpg
「かんがえる子ども」
安野 光雅(著)

絵本だけではなく、日常のことでも、「わかりやすい」「すぐに役に立つ」ということが大切と思われていて、「自分で考える」ということが少なくなっているように感じています。(4ページ)

「嘘も方便」という言葉がありますが、それは、おとなの、その場しのぎの答えかたのことで、「嘘は泥棒のはじまり」というのは、おとなの側の論理だと思います。そして、おとなの「嘘」は自分を滅ぼします。(34ページ)

ホントウノコトヲイウト、「自分で学ばなければ、何にもならない」のです。(54ページ)

珠玉の言葉が散りばめられた、すてきなエッセイです。
「かんがえるおとな」に、なってみたいですねぇ。

#今日読んだ本

坂本 秀雄 (伝道師)

Author:坂本 秀雄 (伝道師)

ゴスペルハウスは、超教派のキリスト教伝道所です。
神様の愛で建てられ、神様の愛を伝えています。

2008年にブラジル・サンパウロから帰国した家族が、山形県の川西町に移住して楽しくゴスペルハウスな生活をしています。
そして今度は隣町の高畠へ引っ越しました。
どなたでもお気軽にお越しください。

ゴスペルハウスには、あなたのための席が用意されています。

お気軽にお越しください。
山形県東置賜郡高畠町
安久津1070

電車でお越しの方は、高畠駅までお迎えします。

賛美・御言葉・聖餐を中心とした、明るい雰囲気の礼拝です。
はっきり言って、楽しいです。

同時間帯で、「子ども礼拝」も行なっています。
大人も子どもも、クリスチャンもそうでない方も、ぜひご一緒に集いましょう。

集会の後には、ご一緒に夕食を頂きます。
伝道師みずから、腕をふるって料理します。
おいしいですよ。(もちろん無料)