2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

ゴスペルハウスメッセージ 2017.08.06
「いのちとちからは」使徒行伝 7:30-38 

30 四十年たったとき、御使いが、モーセに、シナイ山の荒野で柴の燃える炎の中に現われました。
31 その光景を見たモーセは驚いて、それをよく見ようとして近寄ったとき、主の御声が聞こえました。
32 『わたしはあなたの先祖の神、アブラハム、イサク、ヤコブの神である。』そこで、モーセは震え上がり、見定める勇気もなくなりました。
33 すると、主は彼にこう言われたのです。『あなたの足のくつを脱ぎなさい。あなたの立っている所は聖なる地である。
34 わたしは、確かにエジプトにいるわたしの民の苦難を見、そのうめき声を聞いたので、彼らを救い出すために下って来た。さあ、行きなさい。わたしはあなたをエジプトに遣わそう。』
35 『だれがあなたを支配者や裁判官にしたのか。』と言って人々が拒んだこのモーセを、神は柴の中で彼に現われた御使いの手によって、支配者また解放者としてお遣わしになったのです。
36 この人が、彼らを導き出し、エジプトの地で、紅海で、また四十年間荒野で、不思議なわざとしるしを行ないました。
37 このモーセが、イスラエルの人々に、『神はあなたがたのために、私のようなひとりの預言者を、あなたがたの兄弟たちの中からお立てになる。』と言ったのです。
38 また、この人が、シナイ山で彼に語った御使いや私たちの先祖たちとともに、荒野の集会において、生けるみことばを授かり、あなたがたに与えたのです。

使徒行伝第7章は、最初の殉教者ステパノの裁判での大演説です。
信仰の祖アブラハムからはじまって、モーセ、ダビデと、ステパノのメッセージは展開されていきます。
今週取り上げた箇所は、モーセの箇所の一部ですが、ぜひ全文をお読みください。

さて、ステパノが語っている相手は、ユダヤ人です。
ですから、ステパノに言われるまでもなく、アブラハムもモーセもダビデも知っています。
彼らは、旧約聖書を熟知しているのです。
その知っているあたりまえの中から、ステパノはイエスさまの愛、、イエスさまの言葉、イエスさまの力、イエスさまのいのちを語りました。

最初は、群衆はステパノを嘲笑していたことでしょう。
「イエスの弟子とやらが、どんな言い逃れをするのだ?」
「みじめに、いのち乞いでもしたらいい」
しかし、彼らには、悔い改めが必要になったのです。
もう、ステパノをバカにできなくなりました。

ステパノの語る言葉に従うか、ステパノの言葉を拒否するか。
彼らはこの二択の中で、悔い改めよりも怒りを選択しました。
そして、ステパノは石打ちにされ殉教したのです。

ステパノが語った言葉は、何の変哲もないメッセージでした。
ユダヤ人ならだれでも知っている、アブラハム・モーセ・ダビデです。
あたりまえの中のあたりまえです。
でも、そのあたりまえの中にいのちがあったのです。
あたりまえの中に力があったのです。

それが、御言葉、神様の言葉です。

あなたが福音を伝えるときも、同じことがいえます。
御言葉そのままでいいのです。
「イエスさまは、あなたのために十字架にかかりました。」
「神様は、あなたを愛しています。」
いのちも力も、御言葉が持っているのです。

世の中には、優れた語り手はたくさんいます。
到底真似出来ないような、見事な信仰生活を送っている人もいます。
数々の奇蹟を体験した証人も、枚挙にいとまがありません。

しかし、いのちはその語り手の才能の中にあるのではありません。
力は、信仰深い人の生活を源としていません。
奇蹟の体験が、あなたを贖ったわけでもないのです。

いのちも力も、御言葉の中にあるのです。
だれもが知っている、あたりまえの中にあるのです。
あなたの信仰を、あたりまえの中に戻しましょう。
そして、あなたの人生に、本当のいのちと力が、あふれますように。

おはようございます。
今日はゴスペルハウス礼拝の日なので、詩篇も読みましょう。

詩篇 第115篇

1 私たちにではなく、主よ、私たちにではなく、あなたの恵みとまことのために、栄光を、ただあなたの御名にのみ帰してください。
2 なぜ、国々は言うのか。「彼らの神は、いったいどこにいるのか。」と。
3 私たちの神は、天におられ、その望むところをことごとく行なわれる。
4 彼らの偶像は銀や金で、人の手のわざである。
5 口があっても語れず、目があっても見えない。
6 耳があっても聞こえず、鼻があってもかげない。
7 手があってもさわれず、足があっても歩けない。のどがあっても声をたてることもできない。
8 これを造る者も、これに信頼する者もみな、これと同じである。
9 イスラエルよ。主に信頼せよ。この方こそ、彼らの助け、また盾である。
10 アロンの家よ。主に信頼せよ。この方こそ、彼らの助け、また盾である。
11 主を恐れる者たちよ。主に信頼せよ。この方こそ、彼らの助け、また盾である。
12 主はわれらを御心に留められた。主は祝福してくださる。イスラエルの家を祝福し、アロンの家を祝福し、
13 主を恐れる者を祝福してくださる。小さな者も、大いなる者も。
14 主があなたがたをふやしてくださるように。あなたがたと、あなたがたの子孫とを。
15 あなたがたが主によって祝福されるように。主は、天と地を造られた方である。
16 天は、主の天である。しかし、地は、人の子らに与えられた。
17 死人は主をほめたたえることがない。沈黙へ下る者もそうだ。
18 しかし、私たちは、今よりとこしえまで、主をほめたたえよう。ハレルヤ。

おはようございます。
今日の夜から、人生2度目の海での夜釣りに行きます。
いよいよ、神様によって、魚も釣る伝道師になってきました。
神様のなさることは、不思議です。

エレミヤ書 第40章

1 侍従長ネブザルアダンがラマからエレミヤを釈放して後に、主からエレミヤにあったみことば。――彼がエレミヤを連れ出したとき、エレミヤは、バビロンへ引いて行かれるエルサレムとユダの捕囚の民の中で、鎖につながれていた。――
2 侍従長はエレミヤを連れ出して、彼に言った。「あなたの神、主は、この所にこのわざわいを下すと語られたが、
3 主はこれを下し、語られたとおりに行なわれた。あなたがたが主に罪を犯して、その御声に聞き従わなかったので、このことがあなたがたに下ったのだ。
4 そこで今、見よ、私はきょう、あなたの手にある鎖を解いてあなたを釈放する。もし、私とともにバビロンへ行くのがよいと思うなら、行きなさい。私はあなたに目をかけよう。しかし、もし、私といっしょにバビロンへ行くのが気に入らないならやめなさい。見よ。全地はあなたの前に広がっている。あなたが行くのによいと思う、気に入った所へ行きなさい。」
5 しかし彼がまだ帰ろうとしないので、「では、バビロンの王がユダの町々をゆだねたシャファンの子アヒカムの子ゲダルヤのところへ帰り、彼とともに民の中に住みなさい。でなければ、あなたが行きたいと思う所へ、どこへでも行きなさい。」こうして侍従長は、食糧と贈り物を与えて、彼を去らせた。
6 そこでエレミヤは、ミツパにいるアヒカムの子ゲダルヤのところに行って、彼とともに、国に残された民の中に住んだ。
7 野にいた将校たちとその部下たちはみな、バビロンの王がアヒカムの子ゲダルヤをその国の総督にし、彼に、バビロンに捕え移されなかった男、女、子どもたち、国の貧民たちをゆだねたことを聞いた
8 ネタヌヤの子イシュマエル、カレアハの子らヨハナンとヨナタン、タヌフメテの子セラヤ、ネトファ人エファイの子ら、マアカ人の子エザヌヤと、彼らの部下たちは、ミツパにいるゲダルヤのもとに来た。
9 そこで、シャファンの子アヒカムの子ゲダルヤは、彼らとその部下たちに誓って言った。「カルデヤ人に仕えることを恐れてはならない。この国に住んで、バビロンの王に仕えなさい。そうすれば、あなたがたはしあわせになる。
10 私も、このように、ミツパに住んで、私たちのところに来るカルデヤ人の前に立とう。あなたがたも、ぶどう酒、夏のくだもの、油を集めて、自分の器に納め、あなたがたの取った町々に住むがよい。」
11 モアブや、アモン人のところや、エドムや、あらゆる地方にいたユダヤ人はみな、バビロンの王がユダに人を残したこと、シャファンの子アヒカムの子ゲダルヤを彼らの総督に任命したことを聞いた。
12 そこで、ユダヤ人はみな、散らされていたすべての所からユダの地に帰って来て、ミツパのゲダルヤのもとに行き、ぶどう酒と夏のくだものを非常に多く集めた。
13 さて、野にいたカレアハの子ヨハナンと、すべての将校たちは、ミツパのゲダルヤのもとに来て、
14 彼に言った。「あなたは、アモン人の王バアリスがネタヌヤの子イシュマエルを送って、あなたを打ち殺そうとしているのを、いったい、ご存じですか。」しかし、アヒカムの子ゲダルヤは、彼らの言うことを信じなかった。
15 カレアハの子ヨハナンは、ミツパでひそかにゲダルヤに話して言った。「では、私が行って、ネタヌヤの子イシュマエルを、だれにもわからないように、打ち殺しましょう。どうして、彼があなたを打ち殺し、あなたのもとに集められた全ユダヤ人が散らされ、ユダの残りの者が滅びてよいでしょうか。」
16 しかし、アヒカムの子ゲダルヤは、カレアハの子ヨハナンに言った。「そんなことをしてはならない。あなたこそ、イシュマエルについて偽りを語っているからだ。」

坂本 秀雄 (伝道師)

Author:坂本 秀雄 (伝道師)

ゴスペルハウスは、超教派のキリスト教伝道所です。
神様の愛で建てられ、神様の愛を伝えています。

2008年にブラジル・サンパウロから帰国した家族が、山形県の川西町に移住して楽しくゴスペルハウスな生活をしています。
そして今度は隣町の高畠へ引っ越しました。
どなたでもお気軽にお越しください。

ゴスペルハウスには、あなたのための席が用意されています。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お気軽にお越しください。
山形県東置賜郡高畠町
安久津1070

電車でお越しの方は、高畠駅までお迎えします。

賛美・御言葉・聖餐を中心とした、明るい雰囲気の礼拝です。
はっきり言って、楽しいです。

同時間帯で、「子ども礼拝」も行なっています。
大人も子どもも、クリスチャンもそうでない方も、ぜひご一緒に集いましょう。

集会の後には、ご一緒に夕食を頂きます。
伝道師みずから、腕をふるって料理します。
おいしいですよ。(もちろん無料)