FC2ブログ
2019 / 02
≪ 2019 / 01 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - 2019 / 03 ≫

tukimade3.jpg 

「月まで三キロ」

伊与原 新(著)


科学が題材として取り上げられているのに、切なさと優しさが溢れてくる作品集です。

ぜひとも、味わってもらいたい! ワケです!


#今日読んだ本 


saikanoikusahime.jpg 

「雑賀のいくさ姫」

天野 純希(著)


雑賀のいくさ姫の痛快な冒険ものです。

爽やかな風が吹いたような、気持ちのいい読後感です!


#今日読んだ本 


kinoiikazandan.jpg 

「気のいい火山弾」

宮沢 賢治(著) 田中 清代(絵)


yodaka.jpg 

「よだかの星」

宮沢 賢治(著) ささめや ゆき(絵)


伝国座員のほまれといっしょに、宮沢賢治の2作品を熟読しております。


#今日読んだ本 


tenkabusinn.jpg 

「天下普請」

稲葉 稔(著)


江戸城天守閣を作ることを夢見た、侍であり大工である鈴木長次の物語。

大きな志と、挫折と、苦闘。

そして、彼が得たものは・・・


個人的には、ちょっとクライマックスがわかりにくかったです。


#今日読んだ本 


honkarahajimaru.jpg 
「本からはじまる物語」
恩田 陸・今江 祥智・朱川 湊人・三崎 亜記・有栖川 有栖・二階堂 黎人・阿刀田 高・本多 孝好・内海 隆一郎・梨本 香歩・篠田 節子・市川 拓司・石田 衣良・山崎 洋子・大道 珠貴・いしい しんじ・山本 一力・柴崎 友香(著)

18人の錚々たる作家さんの18の短編集。
本屋さん・本をテーマにしたショートストーリーは、どれもステキです

#今日読んだ本


「みんなたいせつ 世界人権宣言の絵本」
東 菜奈(編)渋谷 敦志(写真)
読み終わったタリタ(14歳)が、こう言いました。
「この本は、アベシンゾーに読ませた方がいいね。きっと、世界人権宣言を知らないから」
ボクも、そう思います。
漢字にルビを振ってありますし。
#今日読んだ本

30senti.jpg 

「30センチの冒険」

三崎 亜記(著)


図書館員の主人公は、バスを乗り過ごしてしまったことから、「大地の秩序」(つまり長さの概念)が狂った世界に連れて行かれてしまう。

持ち物は、30センチものさしと一冊の本。

時間空間を超えるファンタジーなのに、等身大の登場人物が見事に描かれています。

きっと、あなたも一気に読めますから!


#今日読んだ本 


kittiri.jpg 

「きっちり・しとーるさん」

おの りえん(著)


makasetekaatyan.jpg 

「まかせて! 母ちゃん!!」

くすのき しげのり(著) 小泉 るみ子(絵)


今年の、高畠町図書館の福袋に入っていた絵本。

几帳面すぎる図書館員のしとーるさんが、子ネコを拾ったら・・・

人間の優しさと愚かさとが、素敵に描かれています。


福袋って、自分では選べないような本にあたるので、好きです!


#今日読んだ本 


dairokuten.jpg 

「第六天の魔王なり」

吉川 永青(著)


すっかり、更新が滞っていた、読書記録(今日読んだ本)。

織田信長さんの物語は、愛知県尾張地方出身のボクにとっては、ちょっと切ないワケです。

この作品は、その切なさが、とてもうまく描かれていて、一気に読めました。

ありがとうございます、って言いたい作品です。


#今日読んだ本 


bokutootousan.jpg

「ぼくとおとうさんのテッド」

トニー ディテルリッジ(著)


otanjoubi.jpg 

「おたんじょうびケーキ」

アン マサコ(著)


子どものときに見えていたものが、大人になると見えなくなってしまう。

毎日の生活の中で、失っていくものも多いんです。

そんなとき、この2冊の絵本は、とてもいいと思うんです(^^)


#今日読んだ本



arinosaien.jpg

「蟻の菜園 ―アントガーデン―」

柚月 裕子(著)


登場人物が魅力的なのが、柚月裕子さんの作品の特徴ともいえるでしょう。

この作品も、とってもステキです。

ちなみに、昆虫記ではありません。


#今日読んだ本 


kessenhonnou.jpg

kessenoosaka.jpg

kessensangokusi.jpg

「決戦!本能寺」

「決戦!大坂城」

「決戦!三國志」


決戦!シリーズは、表紙を見てもわかるように、様々な作者の共演です。

ひとつの出来事を、多くの角度から描くので、臨場感がすばらしい。

力ある作者の、真剣勝負って感じです。


歴史小説好きで、時代小説好きで、三国志好きのボクには、ぴったりです。


#今日読んだ本 


byoki.jpg

byoki2.jpg

「わが家の母はビョーキです」

「わが家の母はビョーキです2」

中村 ユキ(著)


統合失調症の母を持つ作者の、コミックエッセイ。

すべての人に共通する事柄だけではないとは思いますが、読み応えありました。


#今日読んだ本 


syamojii.jpg

「しゃもじいさん」

かとう まふみ(著)


manmaruike.jpg 

「まんまるいけのおつきみ」

かとう まふみ(著)


かとう まふみさんの絵本2冊。

どちらも、子どもと読んでも、ひとりで読んでも、ニコニコできる本です。

物を大切に使うことが美徳とされた時代と、大量消費こそ成長と考える時代と。

いろいろ考えさせられちゃう、いい本でした。


#今日読んだ本



gouriteki.jpg

「合理的にあり得ない--上水流涼子の解明」

柚月 裕子(著)


颯爽とした主人公に、痛快なストーリーに、グイグイ引き込まれます。

読後感も、とってもいいです。

これは、ズバリおすすめでしょう!


#今日読んだ本 


saikuringu.jpg

「サイクリング・ブルース」

忌野 清志郎(著)


badcat.jpg 

「Bad Cat バッドキャット」

トレーシー・リー&マクギナス・ケリー(著) 忌野 清志郎(訳)


ゴキゲンになりたいときは、やっぱり、清志郎さん。

って、思うんですよね。


ということで、この2冊。


翻訳しても、ちゃんとちゃんと清志郎さんなのが、サイコーです。


#今日読んだ本 


lukano.jpg

「ルカのクリスマスケーキ」フランチェスカ・ボスカ(著)


ma-garettotokurisumasu.jpg

「マーガレットとクリスマスのおくりもの」植田 真(著)


12月までは予約がいっぱいで、やっと借りられた絵本。

どちらも、優しい心がいっぱいの本です。

イエスさまのお誕生は、どこにも書かれていませんが、クリスマスっていうだけで、人は優しくなれるようです。


いつも、優しくありたいですね。


#今日読んだ本 


saigono_20190114130549867.jpg

「最後の証人」

柚月 裕子(著)


すっかり主人公の魅力にハマってしまった佐方検事シリーズ。

検事を辞めて、弁護士になった佐方。

まったく勝ち目が無いように見えた弁護依頼。

ラストまで、目を離しちゃいけない、そういう作品でした。


#今日読んだ本 




「10万円でできるDIY庭づくり」
木村 博明(著)

読むと、無性に庭いじりしたくなります。
ボクは、小屋が作りたくなっちゃいました。
難易度高そうですが、いつかきっと!

#今日読んだ本


「ねじれびと」
原 宏一(著)
少し奇妙な5つの物語。
感情移入できるかどうかは、個人差が大きいと思います。
ボクは、わりと気に入っています(^-^)
#今日読んだ本


「もしも日本人がみんな米つぶだったら」
山口 タオ(著) 津川 シンスケ(絵)

ファンタジーではなく、どちらかと言えば、理数系好きにいい本だと思います。
ボクは、気に入ってしまいました(^O^)

#今日読んだ本

 
「小泉放談」
小泉今日子(著) 

キョンキョン好きなら、必読です。 
かくいうボクも、キョンキョン大好きです(^O^) 

#今日読んだ本

susihero.jpg 
「負けるな! すしヒーロー! ダイナシーの巻」
 令丈 ヒロ子(著) やぎ たみこ(絵)

pants.jpg 
「パンツ いっちょうめ」
 苅田 澄子(著) やぎ たみこ(絵)

お気に入りの、やぎたみこさんの絵。
検索かけて、今回は、2冊の本に出会いました。
スシヒーローのスーツ、ボクもほしいです(^^)

ちなみに、この絵本で「パンツいっちょう」という言葉を覚えたのが、わが家の末っ子結(4歳)です。

#今日読んだ本

tikyuuseijin.jpg 

「地球星人」

村田 沙耶香(著)


自分は魔法使いだと知ってしまった少女と、自分が宇宙人だと知ってしまった少年。

いとこ同士の二人を中心に、物語は進みます。

ストーリー展開に、グイグイ引き込まれてしまう、筆者の力量を感じました。

たどり着いたラストには、ボー然とするしかありませんでした。


読後感は、かなりやるせなかったです。


#今日読んだ本


kesutonatanpen.jpg 
「小さな男の子の旅―ケストナー短編」
 エーリヒ ケストナー(著) 堀川 理万子(イラスト)

santaniintabyu.jpg 
「サンタクロースにインタビュー」
 エーリヒ ケストナー(著)

ケストナーの本は、冬に読むのが似合うような気がするんですよ。
たとえ、作品の季節が冬じゃなくっても。
(以上、個人の感想でした)

#今日読んだ本

omutugari3.jpg

「少々おむづかりのご様子」

竹中 直人(著)


竹中直人さんの初エッセイ集です。

どれほど竹中直人さんが映画好きなのかが、はっきりと分かります。

ステキな人達との出会いや思い出、映画に対する愛。

少しおふざけしているかのような文体に、これでもか!って、書かれています。


もう、読むしかないでしょう!!!


#今日読んだ本

#2018年読んだ本ベスト3


blackbook.jpg 

「BLACK BOOK 蔵人独白」

真木蔵人(著)


表紙のイメージで判断すると、本質をとらえることのできない本です。

全編、珠玉の言葉が並んでいます。

今の社会に、今の生き方に、今の常識や流行に、素朴で鋭い言葉が切れ込んできます。

10年前の本なのに、今も新しい、いえ、今こそふさわしいと言っていい本。

素晴らしいです!!


#今日読んだ本

#2018年読んだ本ベスト3


tukiyonokani.jpg 

「月夜の蟹」

竹中 直人(著)


竹中直人さんのエッセイ集。

一つ一つのエッセイが、まるで映画の場面のように、目の前にひろがってきます。

ただ面白いだけじゃない、魅力的な本です。


今年読んだ本の中で、ベスト3に入る傑作です!


#今日読んだ本

#2018年読んだ本ベスト3


rajiojanp.jpg 
「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」
 TBSラジオ(編)

週刊少年ジャンプの人気漫画家さんたちを招いたサンドウィッチマンのラジオ番組。
少年誌の魅力を、ラジオというメディアで、再発見。
それを、さらに本として出版。
メディアミックスって、こういうこと・・・

#今日読んだ本

ooyasantoboku_20181227133404edd.jpg 
「大家さんと僕」
 矢部 太郎(著)

あまり、流行モノに影響されないボクですが、ついつい読んでしまいました。
エッセイマンガです。

#今日読んだ本

sikkeinasyoukan.jpg 

「失敬な招喚」

エドワード・ゴーリー(著)


bokutatigakositekitahi.jpg 

「ぼくたちが越してきた日から、そいつはそこにいた」

ローダ レヴィーン(著) エドワード ゴーリー(絵)


エドワード・ゴーリーさんの絵は、ハマります。

ただ、やたらと死者が出る絵が多いのが、特徴なんです。

そう考えると、この作品は異色なのかもしれません。


#今日読んだ本 


坂本 秀雄 (伝道師)

Author:坂本 秀雄 (伝道師)

ゴスペルハウスは、超教派のキリスト教伝道所です。
神様の愛で建てられ、神様の愛を伝えています。

2008年にブラジル・サンパウロから帰国した家族が、山形県の川西町に移住して楽しくゴスペルハウスな生活をしています。
そして今度は隣町の高畠へ引っ越しました。
どなたでもお気軽にお越しください。

ゴスペルハウスには、あなたのための席が用意されています。

お気軽にお越しください。
山形県東置賜郡高畠町
安久津1070

電車でお越しの方は、高畠駅までお迎えします。

賛美・御言葉・聖餐を中心とした、明るい雰囲気の礼拝です。
はっきり言って、楽しいです。

同時間帯で、「子ども礼拝」も行なっています。
大人も子どもも、クリスチャンもそうでない方も、ぜひご一緒に集いましょう。

集会の後には、ご一緒に夕食を頂きます。
伝道師みずから、腕をふるって料理します。
おいしいですよ。(もちろん無料)