2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

ゴスペルハウスメッセージ 2017.11.11
「宮きよめ」マルコ11:15-18

15 それから、彼らはエルサレムに着いた。イエスは宮にはいり、宮の中で売り買いしている人々を追い出し始め、両替人の台や、鳩を売る者たちの腰掛けを倒し、
16 また宮を通り抜けて器具を運ぶことをだれにもお許しにならなかった。
17 そして、彼らに教えて言われた。「『わたしの家は、すべての民の祈りの家と呼ばれる。』と書いてあるではありませんか。それなのに、あなたがたはそれを強盗の巣にしたのです。」
18 祭司長、律法学者たちは聞いて、どのようにしてイエスを殺そうかと相談した。イエスを恐れたからであった。なぜなら、群衆がみなイエスの教えに驚嘆していたからである。

イエスさまの「宮きよめ」の場面です。
受難週の出来事として共観福音書には書かれていますが、ヨハネ福音書には、それ以前のこととして書かれています。
内容も少し違っているので、もしかすると宮きよめは2回あったのかもしれませんね。

それはともかく、イエスさまは、神殿の異邦人の庭で大暴れです。
両替人や鳩を売る者たちは、捧げ物の売買で利益をむさぼっていました。
その利益のうちの一部は、祭司長たちにも流れていたことでしょう。
また、異邦人の庭を通路代わりにしている者たちもいました。

異邦人の庭、それは、異邦人が入ることを許されている場所です。
これより内側は、ユダヤ人の他に入ることはできません。
異邦人が神様を礼拝する場所、いわば、異邦人にとっての聖所といってもいい場所です。
そこを、金儲けのための場所や、近道にしていることへ、イエスさまが立ち上がったのです。

それは、神様への冒涜です。
また、異邦人たちの礼拝への軽視です。
ユダヤ人の異邦人への差別意識のあらわれでもあります。
イエスさまは、それを正常な状態に取り戻すために、大暴れしたのです。
これが、宮きよめ、神殿きよめ、神様の住まいのきよめです。

それに対して、祭司長、律法学者たちは、イエスさまを殺そうとしました。(18節)
捧げ物売買を通しての金儲けが、自分の利益になるからです。
異邦人を蔑むことで、自分の優越感が満足するからです。
利益と優越感が、反発のもとだったのです。

さて、現代の神様の宮はどこにあるでしょう。
神様は、どこに住まいを構えているでしょう。
それは、あなた自身です。
あなた自身が、神様の住まい、神様の宮です。
その宮は、きれいですか。

もし、あなたが望むなら、2000年前と同じようにイエスさまは「宮きよめ」をしてくださいます。
あなたという宮を、きよめてもらいましょう。
イエスさまは、もちろんそれができる方なのです。
そのままの、片付けることもきよめることもできない、あなたのままでお迎えしたらいいのです。
飾ることなく、そのままのあなたで、お迎えしたらいいのです。

「イエスさまをお迎えしたのに、来てくれない・・・」
「イエスさまは、私の宮きよめをしてくれない・・・」
そのように思う方もいるかも知れません。
それは、神様の時が、もうちょっと先なのかもしれません。

しかし、それと同時に、次のことを再確認してください。
自分の利益や、他者への蔑み、賞賛を求める心や、傲慢を守ろうとしていませんか。
それを守ろうとして、イエスさまを殺す相談をした祭司長や律法学者たちのようになっていませんか。
自分で片付けることのできない欲や優越感を、ごまかすことなく、真っ直ぐ見つめるのです。
そこを見据えて、そこを認めて、その上でイエスさまをお迎えしましょう。

自分で片付けられなくていいのです。
イエスさまの十字架は、そんな弱い者たちのものなのです。
自分の正しさを守らなくていいのです。
イエスさまの十字架以上に、私たちの正しさはないのです。
イエスさまの宮きよめを、あなたの人生に起こしてもらうのです。

イエスさまの大暴れを、愛の大暴れを、お迎えしましょう。

おはようございます。
今日はゴスペルハウス礼拝の日なので、詩篇も読みましょう。

詩篇 第128篇

 都上りの歌
1 幸いなことよ。すべて主を恐れ、主の道を歩む者は。
2 あなたは、自分の手の勤労の実を食べるとき、幸福で、しあわせであろう。
3 あなたの妻は、あなたの家の奥にいて、豊かに実を結ぶぶどうの木のようだ。あなたの子らは、あなたの食卓を囲んで、オリーブの木を囲む若木のようだ。
4 見よ。主を恐れる人は、確かに、このように祝福を受ける。
5 主はシオンからあなたを祝福される。あなたは、いのちの日の限り、エルサレムの繁栄を見よ。
6 あなたの子らの子たちを見よ。イスラエルの上に平和があるように。


おはようございます。
次男タリタの通う中学校、間もなく生徒会役員選挙があるそうです。
タリタは、事務局長に立候補したとのこと。
結果はともかく、その積極性に花マルです。
ところで、事務局長、何の仕事する役職なんでしょうねぇ・・・

ホセア書 第13章

1 エフライムが震えながら語ったとき、主はイスラエルの中であがめられた。しかし、エフライムは、バアルにより罪を犯して死んだ。
彼らは今も罪を重ね、銀で鋳物の像を造り、自分の考えで偶像を造った。これはみな、職人の造った物。彼らはこれについて言う。「いけにえをささげる者は子牛に口づけせよ。」と。
3 それゆえ、彼らは朝もやのように、朝早く消え去る露のように、打ち場から吹き散らされるもみがらのように、また、窓から出て行く煙のようになる。
4 しかし、わたしは、エジプトの国にいたときから、あなたの神、主である。あなたはわたしのほかに神を知らない。わたしのほかに救う者はいない。
5 このわたしは荒野で、かわいた地で、あなたを知っていた。
6 しかし、彼らは牧草を食べて、食べ飽きたとき、彼らの心は高ぶり、わたしを忘れた。
7 わたしは、彼らには獅子のようになり、道ばたで待ち伏せするひょうのようになる。
8 わたしは、子を奪われた雌熊のように彼らに出会い、その胸をかき裂き、その所で、雌獅子のようにこれを食い尽くす。野の獣は彼らを引き裂く。
9 イスラエルよ。わたしがあなたを滅ぼしたら、だれがあなたを助けよう。
10 
あなたを救うあなたの王は、すべての町々のうち、今、どこにいるのか。あなたのさばきつかさたちは。あなたがかつて、「私に王と首長たちを与えよ。」と言った者たちは。
11 わたしは怒ってあなたに王を与えたが、憤ってこれを奪い取る。
12 エフライムの不義はしまい込まれ、その罪はたくわえられている。
13 子を産む女のひどい痛みが彼を襲うが、彼は知恵のない子で、時が来ても、彼は母胎から出て来ない。
14 
わたしはよみの力から、彼らを解き放ち、彼らを死から贖おう。死よ。おまえのとげはどこにあるのか。よみよ。おまえの針はどこにあるのか。あわれみはわたしの目から隠されている。
15 
彼は兄弟たちの中で栄えよう。だが、東風が吹いて来、主の息が荒野から立ち上り、その水源はかれ、その泉は干上がる。それはすべての尊い器の宝物倉を略奪する。
16 サマリヤは自分の神に逆らったので、刑罰を受ける。彼らは剣に倒れ、幼子たちは八裂にされ、妊婦たちは切り裂かれる。


おはようございます。
昨日、雪の降る中を自動車で走って、「キレイだなぁ」と思いました。
必要以上に緊張もしていたようで、いま、肩のあたりが筋肉痛です。
神様の前に出るとき、ボクたちはどんな気持ちでいるんでしょうね。
神様の愛の中で、でも、やっぱり必要以上に緊張するのかなぁ。

ホセア書 第12章

1 エフライムは風を食べて生き、いつも東風を追い、まやかしと暴虐とを増し加えている。彼らはアッシリヤと契約を結び、エジプトへは油を送っている。
2 主は、ヤコブを罰するためにユダと言い争う。ヤコブの行ないと、そのなすことに応じて、主は彼に報いる。
3 彼は母の胎にいたとき、兄弟を押しのけた。彼はその力で神と争った。
4 彼は御使いと格闘して勝ったが、泣いて、これに願った。彼はベテルで神に出会い、その所で神は彼に語りかけた。
5 主は万軍の神。その呼び名は主。
6 あなたはあなたの神に立ち返り、誠実と公義とを守り、絶えずあなたの神を待ち望め。
7 商人は手に欺きのはかりを持ち、しいたげることを好む。
8 エフライムは言った。「しかし、私は富む者となった。私は自分のために財産を得た。私のすべての勤労の実は、罪となるような不義を私にもたらさない。」
9 しかし、わたしは、エジプトの国にいたときから、あなたの神、主である。わたしは例祭の日のように、再びあなたを天幕に住ませよう。
10 わたしは預言者たちに語り、多くの幻を示し、預言者たちによってたとえを示そう。
11 
まことに、ギルアデは不法そのもの、ただ、むなしい者にすぎなかった。彼らはギルガルで牛にいけにえをささげた。彼らの祭壇も、畑のうねの石くれの山のようになる。
12 ヤコブはアラムの野に逃げて行き、イスラエルは妻をめとるために働いた。彼は妻をめとるために羊の番をした。
13 主はひとりの預言者によって、イスラエルをエジプトから連れ上り、ひとりの預言者によって、これを守られた。
14 エフライムは主の激しい怒りを引き起こした。主は、その血の報いを彼に下し、彼のそしりに仕返しをする。


おはようございます。
今日は、コマ回しを教えに、叶水小中学校へ行く日です。
タイヤも替えたし、暖かい服も用意したし、準備万端。・・・のはず。
いつも何か抜けちゃうので、今日もきっとそうでしょう(笑)

ホセア書 第11章

1 イスラエルが幼いころ、わたしは彼を愛し、わたしの子をエジプトから呼び出した。
2 それなのに、彼らを呼べば呼ぶほど、彼らはいよいよ遠ざかり、バアルたちにいけにえをささげ、刻んだ像に香をたいた。
3 それでも、わたしはエフライムに歩くことを教え、彼らを腕に抱いた。しかし、彼らはわたしがいやしたのを知らなかった。
4 わたしは、人間の綱、愛のきずなで彼らを引いた。わたしは彼らにとっては、そのあごのくつこをはずす者のようになり、優しくこれに食べさせてきた。
5 彼はエジプトの地には帰らない。アッシリヤが彼の王となる。彼らがわたしに立ち返ることを拒んだからだ。
6 剣は、その町々で荒れ狂い、そのかんぬきを絶ち滅ぼし、彼らのはかりごとを食い尽くす。
7 わたしの民はわたしに対する背信からどうしても離れない。人々が上にいます方に彼を招いても、彼は、共にあがめようとはしない。
8 エフライムよ。わたしはどうしてあなたを引き渡すことができようか。イスラエルよ。どうしてあなたを見捨てることができようか。どうしてわたしはあなたをアデマのように引き渡すことができようか。どうしてあなたをツェボイムのようにすることができようか。わたしの心はわたしのうちで沸き返り、わたしはあわれみで胸が熱くなっている。
9 わたしは燃える怒りで罰しない。わたしは再びエフライムを滅ぼさない。わたしは神であって、人ではなく、あなたがたのうちにいる聖なる者であるからだ。わたしは怒りをもっては来ない。
10 彼らは主のあとについて来る。主は獅子のようにほえる。まことに、主がほえると、子らは西から震えながらやって来る。
11 彼らは鳥のようにエジプトから、鳩のようにアッシリヤの地から、震えながらやって来る。わたしは、彼らを自分たちの家に住ませよう。――主の御告げ。――
12 わたしは、エフライムの偽りと、イスラエルの家の欺きで、取り囲まれている。しかし、ユダはなおさまよっているが、神とともにあり、聖徒たちとともに堅く立てられる。

坂本 秀雄 (伝道師)

Author:坂本 秀雄 (伝道師)

ゴスペルハウスは、超教派のキリスト教伝道所です。
神様の愛で建てられ、神様の愛を伝えています。

2008年にブラジル・サンパウロから帰国した家族が、山形県の川西町に移住して楽しくゴスペルハウスな生活をしています。
そして今度は隣町の高畠へ引っ越しました。
どなたでもお気軽にお越しください。

ゴスペルハウスには、あなたのための席が用意されています。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お気軽にお越しください。
山形県東置賜郡高畠町
安久津1070

電車でお越しの方は、高畠駅までお迎えします。

賛美・御言葉・聖餐を中心とした、明るい雰囲気の礼拝です。
はっきり言って、楽しいです。

同時間帯で、「子ども礼拝」も行なっています。
大人も子どもも、クリスチャンもそうでない方も、ぜひご一緒に集いましょう。

集会の後には、ご一緒に夕食を頂きます。
伝道師みずから、腕をふるって料理します。
おいしいですよ。(もちろん無料)